給与計算実務能力検定概要~試験日・受験料・合格率など

今回は給与計算実務能力検定についてまとめてみました。

受験資格

特になし(いきなり1級受験も可能)

試験日

1級

毎年11月(年1回)

2級

毎年11月・3月(年2回)

試験申込期間

1級

毎年6月中旬から10月中旬

2級

11月試験:毎年6月中旬から10月中旬

3月試験:12月中旬から2月中旬

※1級、2級ともweb出願の場合です。郵送でも出願はできますが、web出願より半月ほど締切が短くなっています。

試験地

北海道、宮城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、熊本、大分、鹿児島、沖縄

受験料

1級

10000円

2級

8000円

級の区分

1級

労働法令や税務についても正しく理解し、複雑な制度やイレギュラーな給与体系にも対応可能であり、また年末調整を含め、年間を通じて給与計算に関するすべての業務に精通したレベル。社会保険や税務等付随する手続きを行うことができ、リーダーとして給与計算業務の管理ができる。

2級

実務上の基礎となる労務コンプライアンスについて正しく理解し、基本的な給与計算を行い、給与明細を作成できるレベル。一般職員として、年末調整以外の通常の給与計算と賞与の計算ができる。

試験範囲

1級、2級共通

・給与計算業務に必要な基礎知識

・給与計算実務に必要な法的知識(労働基準法等)

・演習問題(実際の給与計算)

試験時間

120分(1級、2級共通)

出題形式

1級

知識問題30問(4肢択一式)・計算問題10問(記述式)

2級

知識問題35問(4肢択一式)・計算問題5問(4肢択一式)

合格基準

1級

出題問題のうち、7割以上得点し、かつ計算問題の6割以上の得点獲得をもって合格基準とする。

2級

出題問題のうち、7割以上の得点獲得をもって合格基準とする。

直近の合格率

1級

受験者数 合格者数 合格率
平成29年 735人 202人 27.5%
平成30年 1145人 404人 35.3%
令和元年 1579人 730人 46.2%
令和2年 1643人 935人 56.9%
令和3年 2164人 1124人 51.9%
令和4年 2207人 1056人 47.9%

2級

受験者数 合格者数 合格率
平成30年3月 1223人 910人 74.4%
平成30年11月 1209人 853人 70.6%
平成31年3月 1257人 948人 75.4%
令和元年11月 1413人 1024人 72.5%
令和2年5月 944人 818人 86.7%
令和2年11月 1407人 1046人 74.3%
令和3年3月 1243人 1016人 81.7%
令和3年11月 1705人 1205人 70.7%
令和4年3月 1395人 1040人 74.6%
令和4年11月 1761人 1223人 69.5%
令和5年3月 1595人 1183人 74.17%