ビジネス実務法務検定2級概要~試験日・受験料・合格率など

今回はビジネス実務法務検定2級の概要について記載していきます。

ビジネス実務法務検定2級の位置づけとしては、公式サイトによると

企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルのアッパーレベルを想定)

という具合に記載されています。

受験資格

誰でも受験できます。

試験日

毎年7月(6月の年もあり)と12月の2回実施されています。

受験申込受付期間

受験申込方法はインターネット申込と電話申込の2つになります。

申込受付は検定の2か月ほど前から始まります。

試験地

47都道府県で実施されています。

詳しくはこちらで確認をしてください。

受験料

ビジネス実務法務検定2級の検定料は6600円です。

直近の合格率など

受験者数 合格者数 合格率
第36回 7887人 2507人 31.8%
第37回 6504人 1357人 20.9%
第38回 8788人 2160人 24.6%
第39回 6813人 2811人 41.3%
第40回 8987人 2245人 25.0%
第41回 8375人 1106人 16.7%
第42回 8862人 5019人 56.6%
第43回 5712人 2022人 35.4%
第44回 8017人 3744人 46.7%
第45回 5469人 2970人 54.3%
第46回 7083人 2170人 30.6%

ビジネス実務法務検定2級の場合、7割以上とれば合格となる絶対評価の検定です。ということで、合格率が回によってかなりばらついています。

合格率が50%を超える回もある一方で、16%の回もあって問題の難易度によってかなり左右されます。

ちなみに、僕が受けたのはもうずいぶん昔になりますが、2004年の第16回です。この回の合格率は30.8%でした。