法学検定上級概要~試験日・受験料・合格率など

法学検定には基礎(ベーシック)・中級(スタンダード)・上級(アドバンスト)がありますが、今回は上級について記載していきます。

受験資格

誰でも受験できます。

試験日

2020年は上級コースは中止です

受験申込受付期間

受験申込方法としては郵送申込、インターネット申込、コンビニに設置された機械での申込と4つの方法があります。

郵送申込:

インターネット申込:

コンビニ設置機械申込:

試験地

札幌市、仙台市、東京都(A地区、B地区)、愛知県、京都市、大阪府、岡山市、愛媛県、福岡市、沖縄県の11か所で行われます。

受験料

法学検定上級コースの受験料は9900円です。

直近の合格率など

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
2009年 1445人 1216人 199人 16.4%
2010年 1166人 964人 190人 19.7%
2011年 1146人 963人 160人 16.6%
2012年 1157人 952人 191人 20.1%
2013年 1016人 867人 173人 20.0%
2014年 847人 707人 130人 18.4%
2015年 653人 538人 102人 19.0%
2016年 578人 449人 85人 18.9%
2017年 530人 407人 105人 25.8%
2018年 416人 333人 80人 24.0%
2019年 393人 302人 79人 26.2%
2020年 中止

他のコースはそうでもないのですが、上級コースに限っては年々受験者が減っていっています。まぁ、受験料が高いというが1つあげられるかもしれません。

合格率は20%前後の年が多いですね。が、ここ3年は25%前後と少し合格率を上げてきています。